賃貸でクーラーなどを設置する場合は大家さんに相談をしてから、工事をするというようにしましょう。

賃貸でクーラーなどを設置する場合の注意点

賃貸でクーラーなどを設置する場合の注意点

賃貸でクーラーなどを設置する場合の注意点

賃貸住まいで借りている部屋にクーラーなどの設置を行う場合は注意が必要でしょう。それは配線工事などのやり方です。設置自体は業者に頼むことになりますが、その際に壁に穴を開けないといけないという形ですと部屋に穴を開けたということになってしまいます。賃貸によっては当然、それがNGである場合があります。まず工事する前にオーナーに聞いてからやった方が良いです。勝手にやってしまうと後で怒られるというか、自費で直さないといけなくなります。

それはクーラー以外、どんなケースでも同じことです。例えば、IHクッキングヒーターを設置しようという場合もやる前に相談をするという形が最も望ましいということになります。まず業者にどんな工事をするのか、必要なのかを聞いてその内容を伝えるということが良いのかもしれません。やはり新築に近い賃貸の場合はそういう工事は嫌われることが多いです。一方、古いアパートなどで何か設置したいという場合はほとんど大家さんに何か言われることはありません。ただどちらの場合でも自分だけで判断するということは駄目ですので、相談をすることが重要です。やっぱり一言あった方が良いですし、オーナーが大事にしている物件であれば、部屋自体も大切に扱うということも重要です。

そのほかお薦め記事